言えないことは自分の責任

社会人一年生の頃、給料は少なく、車のローンや学費の返済などにほとんどを費やしていたので自分に使えるお金はあまりありませんでした。
実家通いだったので職場までは2時間ほど。毎日通勤でくたくたでした。
一人暮らしをしたいと思うようになったのはその通勤時間がとんでもなく無駄な時間に思えたのと、都会暮らしに憧れがあった事も理由の一つだったと思います。
両親の許可を得ることができ私は一人暮らしに向けて準備を進めていきました。
しかしそこで問題なのは引越し費用です。毎月の家賃はなんとかなるにしても敷金などの先立つものがない。

しかも、学生の頃キャバ嬢をしていたときの借金がまだ残っていてその返済も追いついていない状況・・・キャバ嬢をしていたとき、洋服やブランド物をたくさん買い、金銭感覚も可笑しくなっちゃってって、キャバ嬢でも貸してもらえるキャッシングでお金を借りて買い物をしたり支払いをしたりしていました。※風俗嬢キャッシング

キャッシングを利用する時に気を付けなければならないこと・・・お金が無い時いつでも簡単に借りることのできるシステムに吸い込まれてしまわないことですね。。。吸い込まれてしまった私が言うのも何ですが・・・
30万くらいあれば引越しは出来そうでしたがなかなかすぐには貯まらない。
そこで私はネットで援助してくれるおじさんを募集しました。安易な考えだったと思います。
今となってはそんな怖いことよく出来たなと思うし、無事に今日を生きていることが奇跡とも思えるくらいです。
援助をしてくれる相手とは4回ほど会いました。会うのは外で1時間ほど。相手のことは何も知らないし聞かない。ただ関係を持つだけです。
その頃は自分のことを今ほど大事にしてなかったなと思います。たった1時間で6万円。金銭感覚もおかしくなるし体も心もおかしくなる。
今も時々その当時のことを思い出すことがあって、その度に頭の中を真っ白にしてすぐに忘れたくなるけど忘れられないのです。
誰にも言える話ではないし、するつもりもない。絶対に言えない私の過去の話です。
お金はすぐに貯まって引越しもできたけれど、楽しい生活も待っていたし、一人暮らしができたことは私の人生で素晴らしい経験につながったけれど、若い頃の安易な援助交際は今もこれからも一生私の記憶から消えることはないでしょう。
自分の体をお金に変えるなんて最低で最悪なことを自分にしたのだと反省してもしきれません。真っ先に両親の顔が浮かびその度に自分が嫌いになるのです。
若い頃の過ちだと思いこのまま心の奥にしまって生きていこうと思います。

キャッシングを利用しようと思っている方に、利用して大変なことになった私からのアドバイス。みなさんにはこうなってもらいたくはないので計画的に利用してもらいたいです。

でたらめにキャッシングを利用するための審査を申込んだら、普通なら問題なく認可されると感じる、キャッシング審査なのに、結果が良くないなんてことになることが否定できませんから、軽率な考えは禁物です。
いろんな種類があるキャッシングというのは新規申込は、全く同じに思えても一般的なものよりも金利がずいぶん低い、利子を払わなくて済む無利息期間が利用できるとか、キャッシングというもののおすすめポイントは、それぞれの企業によっててんでばらばらなのです。
たくさんの業者があるキャッシングの申込方法で、今主流なのは、いつでもどこでも手続可能なWeb契約という話題になることが多くなってきているやり方です。

お手軽なカードローンのメリットというのは、365日時間を選ばずに、随時返済もできるところでしょう。あちこちのコンビニの店内に置かれているATMを利用していだたくことでたとえ出先であっても返済していただくことができますし、オンラインで返済することだって対応可能なのです。
カードローンを扱う会社には、まずは信販系の会社、審査が早くて人気のアコムとかプロミスなど消費者金融系の会社などいろいろな種類があるのです。銀行関連の会社の場合は、審査時間がとても長いので、急いでいても即日融資を受けるのは、不可能な場合もあります。

短い期間に、二つ以上の金融機関などに、新規でキャッシングの申込を提出している場合については、必要な資金の調達走り回っているかのような、疑念を抱かせるので、審査の過程で不利になります。
無利息での融資期間がある、即日キャッシングがある業者をちゃんと計算して使うことができれば、金利の数字にあれこれと悩むことなく、キャッシング可能ですから、有利にキャッシングしてただくことが可能な借入方法なんです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>